跡見学園女子大学「栃木市跡見っ娘研究室」生が行く取材日記

CONCEPTとちぎ小江戸ブランドをもっともっと知ってもらいたい!

跡見学園女子大学で観光マネジメントを学ぶ現役の女子大生が、栃木市を歩き回り、栃木市の観光資源や特産品を若い女性目線で紹介するプロジェクト「栃木市跡見っ娘研究室(とちぎしあとみっこけんきゅうしつ)」を2014年よりスタートしました。
2014年度は栃木市の観光資源を巡るフィールドワークを行い、観光パンフレットを作成!
2015年度は、栃木市の地域ブランド「とちぎ小江戸ブランド」の商品を1軒1軒取材し、とちぎ小江戸ブランド認定者の商品に込めたアツい想いを、実際に感じたまま記事にしました。
私たちの取材日記を読んでいただき、あなた好みの商品を見つけて、栃木市を訪れた際に購入するもよし!ネット通販できる商品はお取り寄せするもよし!!
これからドンドン増えていく私たちの記事をぜひ楽しみにしてくださいね。
栃木市には歴史あり、自然あり、体験あり、そして美味しいものありと、都会では味わえない魅力がたくさんありますので、ぜひ一度訪れてみてください。

今後も様々な形で、栃木市をPRし、栃木市の魅力を伝えるお手伝いをしていきます。
ツイッターでは、栃木市の魅力を伝える最新の情報をお届けしていますので、こちらもぜひチェックしてください。

TOPICS跡見学園女子大学「栃木市跡見っ娘研究室(とちぎしあとみっこけんきゅうしつ)」
取材日記

THANKS跡見学園女子大学

跡見学園は学祖・跡見花蹊が1875(明治8)年に開校した跡見学校を起源とする東京で最も古い女子教育の学校の1つです。幕末黒船が突如日本へやって来て開国を迫り、やがて明治維新という近代の夜明けを迎えた激動期にあたります。
創立当初から、知育だけでなく、情操教育にも重きを置いた、跡見独自の教育方針を確立。跡見学園女子大学は1965(昭和40)年に開学。2008(平成20)年には、東京都文京区に文京キャンパスを開設しました。

EDITORIAL NOTE編集後記

取材を通してどのブランド認定品も、生産者をはじめとするみなさまの誇りと愛情を持って作られていることを知りました。
当初、その想いを伝えるということに対して、想像を越える大きなプレッシャーを感じました。
しかし優しく温かい栃木市のみなさまとの出会いの中で、やりがいへと変わり、今では私たちの誇れる使命とさえ、感じるようになりました。
こうして栃木市のみなさまと一つになり、“とちぎ小江戸ブランド”の取材及びレポートの作成に最後まで携われたこと、大変嬉しく思います。
私たちの取り組みが、栃木市のPRや栃木市のファンを増やすことに繋がるよう、今後もプロジェクトに取り組んでいきたいと思います。

「栃木市跡見っ娘研究室(とちぎしあとみっこけんきゅうしつ)」一同