跡見学園女子大学「栃木市跡見っ娘研究室」生が行く取材日記

『うなむすび』
 (有)釜屋15.11.12

▲高瀬社長と記念撮影。 ▲商品開発の経緯を勉強中。 ▲いい匂いで・・・取材どころではありません。

本日は、尾崎 さくらが担当します。
 
今回は、釜屋さんのうなむすびを取材させて頂きました。
みなさんは「うなぎ」はどんな時に食べますか?
「うなぎ」は高価なイメージがあり特別な日に食べるという方が多いのではないかと思います。
 
そこで子供から大人まで幅広く食べてもらいたいという願いから「うなむすび」が開発されました!!
 
最初は「タレ味」だけでしたが、今では、わさびと大葉でさっぱりとした「塩味」と二種類販売されていて、二つの味を楽しみながら食べることができます。
 
釜屋さんでは「うなむすび」の「うなぎ」はお店でだしている「うなぎ」と同じものを使っていることと、お米は栃木県産のコシヒカリを使用し、素材にこだわった商品です。
 
また、遠方の方にも購入していただけるようにと、冷凍して販売していますが、温めてもご飯はパサパサすることなく、とっても美味しく食べられるところもこの商品のこだわりです。
「うなぎ」をあまり食べたことがない子供にも喜ばれること間違いなし!!
是非召し上がってみてください(*^-^*)♪
 
≪一句≫ 子供にも 食べれるうなぎ みつけたよ
 
【(有)釜屋】
うなむすび/各1個350円(税抜)※各種詰合せギフトあり
住所:栃木県栃木市城内町2-32-4
TEL:0282-22-0257
営業時間:11:30〜15:30、16:30〜20:30
定 休 日:月曜日