PR

代表的なジャンクフードを一覧表で紹介!【10選】

代表的なジャンクフード一覧 食品

代表的なジャンクフードはどのようなものでしょうか。日本でよく見かけるジャンクフードを10個一覧表で紹介します。

代表的なジャンクフード一覧表

ジャンクフード

代表的なジャンクフードを10個まとめした。

・ポテトチップス
・ハンバーガー
・フライドチキン
・ドーナツ
・ピザ
・ケーキ
・アイスクリーム
・チョコレートバー
・ホットドッグ
・カップラーメン
ジャンクフードは、栄養価が低く、カロリーや塩分、糖分、脂肪分が多い食品のことです。時々食べる分には問題ありませんが、毎日の食事の主な構成要素にするべきではありませんので注意しましょう。

ポテトチップス

ポテトチップス

じゃがいもを薄くスライスして揚げたポテトチップスは、そのシンプルながらも独特の食感と味わいで多くの人々を魅了しています。塩味のシンプルなものから、さまざまなフレーバーが用意されており、世界中で愛されています。一度食べ始めると止まらないという人も少なくないほどの中毒性を持ち、パーティーや映画鑑賞の際のスナックとしても人気があります。

ハンバーガー

ハンバーガー

ハンバーガーは、牛肉のパティ、レタス、トマト、チーズ、ピクルスなどを一つのバンズに挟んだアメリカ発祥の料理です。ファストフードチェーンが世界中に広がることで、その名はよく知られるようになりました。ハンバーガーには無限のバリエーションがあり、地域や店舗によって様々なトッピングやソースで独自の味を楽しむことができます。

フライドチキン

フライドチキン

チキンを特定の調味料や衣で下ごしらえしてから揚げたもの。アメリカ南部料理としての起源があり、ケンタッキーや他の多くのファストフードチェーンを通じて世界中で人気となりました。外はサクサク、中はジューシーで、特にパーティーや集まりの際に好まれる食品です。

ドーナツ

ドーナツ

もともとはオランダからアメリカに伝わったと言われるドーナツは、甘い生地を輪の形にして揚げ、さらにアイシングやトッピングでデコレーションした菓子。クリスピークリームやダンキンドーナツなど、専門店も多く存在し、朝食やデザートとして愛されています。

ピザ

ピザ

イタリア発祥のこの料理は、薄い生地の上にトマトソース、チーズ、そしてさまざまなトッピングを乗せて焼き上げるもの。ピザは数多くのバリエーションが存在し、国や地域によって特色があります。アメリカのニューヨークやシカゴスタイル、日本独自のトッピングなど、多種多様です。

ケーキ

ケーキ

多種多様な形や味で、世界中の多くの文化で愛されている甘いデザートである「ケーキ」。誕生日、結婚式、記念日などの特別な日のお祝いや、日常のティータイムなどで楽しまれています。ケーキは見た目やデザインも重視されるため、職人技を持つパティシエによっては、芸術作品のような美しいケーキも作られています。しかし、砂糖や脂肪の含有量が高いため、健康を考慮して適量を楽しむことが大切です。

アイスクリーム

アイス

クリームや砂糖、卵などの材料を混ぜ、冷凍させたデザート。バニラ、チョコレート、ストロベリーなど、多岐にわたるフレーバーが存在し、季節や気分に合わせて楽しむことができます。特に夏には欠かせない存在ですが、高カロリーなので摂取量に注意が必要です。

チョコレート

チョコレート

カカオを主成分とする甘いお菓子。ミルクチョコレートやダークチョコレート、ナッツやキャラメルを加えたものなど、さまざまな種類があります。手軽に摂取できるため、休憩時のエネルギー補給やプレゼントとしても人気があります。

ホットドッグ

ホットドック

ソーセージを特製のバンズに挟み、ケチャップ、マスタード、オニオン、リッシュなどで味付けする料理。アメリカの野球の試合などでの定番フードとして知られ、ファストフードチェーンでも提供されています。シンプルながらも満足感があるのが特徴です。

カップラーメン

カップラーメン

カップラーメンは、インスタント麺にスープや具材を加えてお湯を注ぐだけで作れるのでとても便利ですよね。ただし、カロリーや塩分が非常に多いです。一個食べると約400キロカロリーになります。また、カップラーメンには化学調味料や保存料などの添加物が含まれていることが多いので食べ過ぎには注意しましょう。

まとめ

ジャンキーな食べ物を代表する10個をまとめました。

これらの食品や飲料は、摂取量や頻度に注意しながら楽しむことが大切です。

ジャンクフードの豆知識

マクドナルドを、利用者の無礼な振る舞いとそれを許容する周囲の無関心が共存する奇妙な光景が繰り広げられている場所として研究した論文が存在する

引用:2010年 マクドナルドで発生する無礼と無関心 ~予測可能性に対する信頼~ 本柳亨

タイトルとURLをコピーしました