PR

杜仲茶は肝臓に悪い?飲むことによる効果と副作用について解説!

杜仲茶は肝臓に悪い お茶

杜仲茶は血圧を下げる効果やダイエット効果が期待されていますが、その一方で「肝臓に悪いのでは?」というウワサも耳にします。

この記事では、杜仲茶が肝臓に及ぼす影響や効能、副作用などを詳しく解説します。

結論|杜仲茶は肝臓に悪い?

杜仲茶

結論から言うと、杜仲茶は肝臓に悪くありません

正しい量を摂取する限りは、杜仲茶は安心して飲むことができます。

ちなみに杜仲茶はノンカフェインなので、その意味でも肝臓に負担をかけません(カフェインは肝臓で代謝されるため、肝臓に負担をかけるという考え方もあります)。

杜仲茶は、その名の通り杜仲の葉を乾燥させたもので、中国を始めとしたアジア地域で古くから飲まれています。

杜仲茶の効能と成分

杜仲茶

杜仲茶には、フラボノイド、クマリン、トリテルペン、アミノ酸など、多くの健康効果が期待される成分が含まれています。これらの成分の効果として、次のようなものが報告されています。

  • 血圧の調整: 杜仲茶は、血圧を下げる効果が報告されており、高血圧の予防や改善に役立つ可能性があります。
  • 体脂肪の減少: ダイエット効果として、体脂肪の減少や基礎代謝の向上が期待されます。
  • 抗酸化作用: フラボノイドなどの成分により、体の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も期待されます。

杜仲茶に副作用はある?

杜仲茶

杜仲茶は、基本的には副作用のリスクは低いと言われています。

しかし、過剰摂取することで胃腸に負担を感じることがあるため、1日の摂取量を守ることが大切です。また、カリウムを多く含むため、腎機能が低下している方やカリウム製剤・利尿薬などを飲んでいる方は、医師と相談した上で摂取することをおすすめします。

杜仲茶の美味しい飲み方

杜仲茶

杜仲茶は、そのまま熱湯に入れて淹れるのが基本的な飲み方です。しかし、レモンやハチミツを加えることで、風味豊かな味わいを楽しむこともできます。

また、冷やしてアイスティーとして飲むのもおすすめです。夏の暑い時期には、さっぱりとした味わいが楽しめます。

まとめ

杜仲茶は、古くから健康茶として飲まれてきたもので、多くの健康効果が期待されています。

肝臓に悪影響を及ぼすことは基本的にはありません。適量を守りつつ、杜仲茶の健康効果を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

杜仲茶の豆知識

血圧下降作用が認められている

血清クレアチニンの低下傾向を認めてられており、少なくとも腎障害を悪化させる作用は認められなかった。

引用:2000年 特定保健用食品素材の安全性評価についての検討 林 晃 一,猿 田 享 男

タイトルとURLをコピーしました